2週間以上落ち込んだ症状が続くと病気の心配も

サイトメニュー

ストレスに注意しよう

医者とハート

信頼できる医師を見つけよう

日常生活において意欲や興味を失うなどの気分になることは珍しいことではありません。特に現代のような多様性が求められる社会では生きづらさや困難を感じる人が増えています。さらに職場や家庭では複雑な人間関係から過剰なストレスに晒されることも多く、体調を崩すこともあります。もしストレスが溜まってきたと感じたら、旅行や趣味などに時間を費やして気分転換をすることが必要です。しかし現実には上手くストレスをかわせる人ばかりではなく、気が付かないうちにうつ病を患ってしまうことがあります。うつ病は早期に治療をはじめれば、短期間で完治させることができる病気です。意欲や興味を失うなどの症状が長く続くようなら、できるだけ早く精神科を受診しましょう。精神科ではうつ病をはじめとする全ての精神疾患が治療の対象です。医学的検査を受けて他の病気である可能性を否定した後に最終診断を受けます。さらに病院によっては社会復帰を目的としたリハビリも受けられるので積極的に利用しましょう。

精神科を訪れたら、まず過去の病歴や興味を失うなどの現在の症状について詳しく説明することが必要です。きちんと説明できるよう、あらかじめ話の内容を整理しておきましょう。主に抗うつ剤などによる薬物療法が行われますが、完治できるまでの期間には個人差があります。医師は日常生活での過ごしかたなど、無理のない治療計画を提案してくれるので安心です。しかし精神科医は治療を進めていくうえでのパートナーであり、人生相談をしてくれるわけではありません。内容によっては相談窓口を紹介してもらえますが、まずは今現在の自分の状況についてより正確に伝えることを心がけることが大切です。とは言え、医師の中にも話しやすい人とそうでない人がいます。コミュ二ケーションが取りやすい人のほうが治療効果も高くなります。利用する医療機関を選ぶ際は、信頼関係を築きやすい医師が在籍しているところを選ぶことが大切です。そして治療に使用される抗うつ剤は約1週間から2週間で効果が見られるようになります。中にはわずかな期間で興味を失うなどのうつ病の症状が改善することがあります。しかしこ勝手に薬を止めると、副作用が強まったり再発することがあるので必ず医師と相談してから減薬しましょう。