2週間以上落ち込んだ症状が続くと病気の心配も

サイトメニュー

医者と看護師

原因を明らかにする

様々なことに興味を失うという症状が出た場合、うつ病に罹患をしていることも考えることができます。診断を確定させるためには専門の医療機関を受診して、カウンセリングを受けてみるとよいでしょう。症状に合わせた薬も処方してもらえます。
医者とハート

ストレスに注意しよう

意欲や興味を失うなどの症状が見られたら、うつ病にかかっている可能性があります。できるだけ早く精神科で診察を受けましょう。精神科ではこちらの状況を正確に伝えることで、より最適な治療を受けることができます。

原因は複数あるかも

カウンセリングを受ける男性

早めの治療が功を奏す

好きなものへの興味を失うなどうつ病にかかる人が多くなったと言われますが、社会環境の変化や人間関係が複雑になって来たことも理由となっています。常に新しいものへ取り組む必要性が出て来たり、多くの人と接することが当たり前となった時代から、ストレスをため込んでしまうことで次第にうつ病へと進行してしまうケースが多くなって来たことが原因と言われます。このうつ病はやっかいな病ですが、当初は気分が落ち込んだものと考えがちで、放っておく人が目立ちます。どんな病気にも言えることですが初期症状のうちに治すことが最良の方法になるのですが、このうつ病に関しては気がつくことが難しいこともあり症状を悪化させることにもなってしまいます。よく言われることに、2週間以上気分の落ち込みや好きだったものに興味を失うと言ったことが起きた時には、うつ病の症状を表していると言うことです。ですが多くの人は、この2週間が過ぎても病院へ行くことをせずに、普段通りの生活を送ろうとすることが多く、結果的に周囲にも迷惑をかけることになってしまいます。それほどうつ病と判断することは難しいと考えて良く、周囲の人達も注意が必要になって来ます。

うつ病は、興味を失うとかストレスを強く感じたことなどから起こる病気と言われますが、脳内で働くモノアミンと言う神経伝達物質の影響があるとも言われます。多くの人が勘違いしやすい病気でもあるうつ病ですが、普段から神経の細かい人や心の弱いと言われる人ばかりがかかるものでもありません。いくら神経が図太いと言われる人も、心や体に相応な負荷が与えられた時起こることになります。つまり、その人が持ち許容量を超えるストレスを感じてしまうと、うつ症状になる場合もあると考えて良いのでしょう。また難しいことに辛いこととか悲しいことや悔しいと言うことだけでなく、嬉しいことが起きてもこの病気にかかる場合が出て来ます。それはあまりにも急激な変化が起きたなどのことから、自分なりの上手な対処方法が見つからない時などに起こることがあります。普段から健康体だった人が心筋梗塞とか脳梗塞などを起こした後、うつ病を併発しやすいとも言われます。治療薬による影響があることも考えられ、病気になってしまったから元気がない、興味を失うのではなくうつ病を併発していることもあると知っておくべきです。

医者と看護師

集中できない

普段と違い全てに興味を失うことがある精神疾患ですが、心療内科での診察と処方薬で改善することが可能です。日常生活をしっかり続けて、栄養のある食事をすることで、時間がかかっても症状が改善しますから悲観的になる必要はありません。
ハートと聴診器

関心が薄れてきた

興味を失うという症状は、統合失調性かうつの2種類が考えられます。特徴はいずれも関心興味を持てなくなるというものです。近年は非定形うつというものが増加傾向で、精神科などの受診が増えているのは、うつが原因の場合が多いです。
診察

気分転換ができない

落ち込んだときは気分転換をすることで、気持ちを切り替えることもできますが、趣味にさえ興味を失う、何もやる気がしないという人もいます。そのような場合は、うつ病などの疾患が原因になっていることもありますので、診察を受けることも考えてみましょう。